リビングは鮮やか過ぎる色は避けて、床や壁の色を考慮して落ち着いた色を選ぶ。来客があることも忘れずに。

カーテンの選び方次第で印象が決まる

友人の家に招待されて遊びにいったときなど、初めてお宅に訪問したとき、素敵なおうちに感激したことはありませんか。そんなお宅のインテリアのテクニックでよくつかわれているのが色遣いです。色遣いが統一されていると特にお洒落で落ち着いている素敵な印象をうけるものです。その色遣いで一番面積を占めるのは、カーテンではないでしょうか。そのためカーテンを選ぶ際は色の選択を間違わないようにしたいものです。

カーテンは引っ越す際など新しい住居を決めたら、一番に必要なものです。かくいう私も現在のマンションに引っ越したとき以前に住んでいた家のカーテンをとりあえず外して持って行き、全く寸法が合わないカーテンでしばらくしのいだ経験の持ち主です。カーテンは一度買って気に入らないからといって簡単に交換できるようなものではないですよね。そのため納得のいくカーテンを選ぶためだと思って、しばし辛抱をしたものです。

カーテンを選ぶにあたって、色遣いと柄、そして素材はとても大切です。色を選ぶ際には、まずお部屋の床の色、壁の色、家具の色との調和を乱さない色を選ぶのが正解です。あえて色柄が派手なアーティスティックなものや、北欧系の大柄なものを選びたい方もいるとは思いますが、カーテンだけが浮いてしまっては逆に居心地の悪い部屋になりかねません。

カーテンの色による様々な効果

カーテンの色を室内のものと調和させるということを具体的にみてみましょう。壁色や床材の色に合わせるのが基本です。合わせるというのはお部屋の壁、床、カーテン、この三つのバランスを考えるということです。例えば床と壁が明るい白や明るいアイボリーだったとして、そこにダークな色の黒や濃いブルーやブラウンをもってきたらどうでしょう。カーテンの色は落ち着いていますが、そこだけ浮いてしまうでしょう。そうならないためには明るめの色や柔らかいパステル調の色をもってくるとバランスがとれて落ち着いた明るい部屋になります。 床材がブラウン、壁が白の場合はどうでしょう。この組み合わせが一番普通のパターンかもしれませんが、カーテンは床・壁と似ているベージュ系だと落ち着いたお洒落な印象になるでしょう。そして床・壁とカーテンに一体感がでてお部屋に広がりがでる視覚効果もあります。逆に色をとりいれたい場合は床や壁に似た色がベースになったものに色柄の模様が入っている、例えば花柄のようなものを選ぶと浮いた印象になりません。 絶対に間違いたくないという場合はベーシックな無地の色を選ぶのが間違いないでしょう。インテリアに色をいれたい、柄をいれたいときにはクッションやラグで取り入れると失敗を恐れず、色々とチャレンジできるのでおすすめです。